注目の職業マッサージ師を目指すなら【専門学校の選び方をマスター】|Education Part Medical

体の神経や関節の痛みを改善できる

介護や看護の仕事は体を以外にも体を使う業務が多いです。入院患者や利用者を支えたり介助したりする時に無理な体勢する事が多く腰を痛めてしまう人が多いです。その他にも、立ち仕事ばかりをしている人や、座り仕事ばかりをしている人も腰や肩を痛める人がいます。肩のこりが直らなかったり、腰の痛みが酷いと感じた人はマッサージや鍼を行って体の疲れを取り除いていくでしょう。そんな鍼治療やマッサージを行っている人はしっかりと専門学校で必要な知識を身につけ施術を行っています。鍼やマッサージの専門的な学校に通う生徒の中では医院の他にも色んな所で活躍しています。

鍼・マッサージの専門学校を出た人が活躍できる職場

  • 治療院
  • スポーツトレーナー
  • 美容関係
  • 福祉・介護関係

施設に通う必要がある

施術

マッサージのようなことを行う職業はいろいろとありますが、マッサージ師と名乗れるのは、資格を取得した方のみです。その資格は、あん摩マッサージ指圧師というもので、必ず施設に通って指定された授業を受けなければいけません。その指定された施設の一つが専門学校なので、あん摩マッサージ指圧師になりたいなら探してみるのをおすすめします。柔道整復師や鍼灸師と比べて、専門学校の数は多くはありませんが、ネットなどで調べれば、すぐに対応するところを発見できます。

ついでに鍼灸師にもなれる

女性

あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するのなら、ついでに鍼灸師の資格も取得したほうがお得です。それは、両方の資格が同じ期間で取得できるようになっている専門学校もいくつかあるからです。両方を一度に勉強するのは大変だと考えるかもしれませんが、試験範囲がかぶっているので、考えているよりもずっと楽に取得できます。後から、鍼灸師をとりたいと考えた場合、また施設に通い直さなければいけないため、できることなら両方に対応する専門学校を選びましょう。

受験するところを決めよう

整体師

あん摩マッサージ指圧師の専門学校では、入学するために学科試験や面接が用意されているため、まずは自身の学力で合格できるところを見つけましょう。合格に必要な偏差値が発表されている場合も多いので、どの程度のレベルの専門学校なのか事前に知ることはできます。施設が決まったのなら、次はその専門学校から資料を取り寄せて、本当に受験するかどうか決めましょう。決断したのなら、資料に同封されている願書に記入をして、郵送すれば、申し込みは終わりです。

後は受験をするだけ

男性

申し込みが終わり、受験料を支払ったのなら、専門学校から受験票が届くのを待ちましょう。受験票が届いたのなら後は受験を待つだけなので、あん摩マッサージ指圧師の専門学校に合格できるように、勉強を精一杯頑張るだけです。