学び方で学校を選ぼう【臨床工学技士の資格取得までの道】|Education Part Medical
HOME>注目記事>学び方で学校を選ぼう【臨床工学技士の資格取得までの道】

医療器具を扱うスペシャリスト

病院で検査の為に使用する検査機会は専門的な知識を持っている必要があります。専門学校や大学で勉強をして資格を取得する必要がありますが、臨床工学技士の仕事に多い質問を纏めてみました。

臨床工学技士寄せられる疑問

臨床工学技士の仕事に将来性はありますか?

高度医療やチーム医療で力を発揮する事が多い臨床工学技士は病院での需要が高いです。他にも最近は慢性腎不全患者が増え人工透析を行う人が多くなっています。この人工透析装置を扱う事のできる臨床工学技士は将来性が期待されています。

女性でも臨床工学技士を目指す事はできますか?

女性でも目指す事は可能です。患者や利用者によっては男性の検査技師に抵抗を感じる人もいるので、そのような場面で女性の検査技師が活躍する事ができます。

臨床工学技士はどんな仕事ですか?

臨床工学技士は主に病院で使われる医療機器の点検・操作・管理を行います。

受験資格が得られる学校

男女

医療機関では医師や看護師、その他の医療従事者から医療を受けます。医療従事者の多くは国家資格になっていて、資格試験などを受けた合格者がそれらの仕事を行います。臨床工学技士も医療関係の国家資格の一つで、この仕事をするには国家資格を取得する必要があります。取得のためには知識や技術を学び、その上で受験資格を言えなければいけません。受験資格が得られる学校があるので、そちらに入学をして修了すれば受験資格が得られます。

大学と専門学校

医師や歯科医師になるには養成する大学に行かないとなれません。看護師や理学療法士などは、大学だけでなく短大、専門学校、高校でも資格試験の受験資格が得られるときがあります。臨床工学技士に関しては、大学だけでなく専門学校でも養成のための学校が用意されています。大学には工学系の大学、医療系の大学などで学べるコースが用意されています。専門学校だと医療系の専門学校になるでしょう。専門学校の方が修学年数が短くなります。

他に医療資格がある

高卒で医療資格がない人が臨床工学技士になろうとするとき、3年以上所定の学校に行く必要があります。一方看護師や臨床検査技師の資格を持っている人は、学校に行く必要はあるものの履修期間は1年以上で受験資格が得られます。